事業紹介

 

 

海事コンサルティング

国内外の港湾開発から国の施策に関わる調査案件・船舶の操船安全性能評価、離島航路の経営改善や港湾物流の効率化対策まで、海事全般に係わる調査・安全評価・コンサルティングサービスを、民間の海運会社から独立行政法人・地方公共団体・国家機関まで国内外問わずに展開しています。

日本海洋科学が長年の経験で培った知識と技術を活かし、日本屈指のフルミッション型操船シミュレータなど最新のシステムを駆使して、お客様のニーズにお応えする調査と分析評価を行い最善の改善策・対応策をご提案いたします。

海外造船海運コンサルティング

開発途上国を主として国内外で船舶の建造・造船施設の建設・海運事業などを計画されている方を対象に、「ゆりかごから墓場まで」をコンセプトに、事業実施のための計画・入札支援も含め、造船所建設・船舶建造・船員養成(施設建造含む)・船舶運航・船舶のリサイクルなど、一連のフェーズにおいて必要とされる海運・造船分野の事業支援を提供しています。

造船事業計画支援

船舶更新・新規建造にかかわらず、お客様に代わり各種船舶の基本計画、基本設計、性能検討、一般配置図作成、船価積算、建造スケジュール作成、造船所選定支援、建造監督業務等一貫したサービスを提供いたします。特に我が国の政府開発援助(ODA)による開発途上国に対する船舶調達事業や国内の自治体、公的機関の作業船などの船舶建造計画においては多数の実績を有し、その専門性とサービスは高い評価をいただいております。

造船施設建設支援

日本海洋科学では船舶の安全な建造や修理を行うために必要不可欠な造船所・船舶修理施設の事業計画立案の支援、造修施設計画作成支援を提供いたします。事業計画の立案では新造船計画、修繕船の予測などと共に設備費用と売上げ等の長期キャッシュフローから事業の採算性も検討します。
また、シミュレータによる施設までの航路検討、安全な接岸のための計算も実施しており、お客様の要望に沿った提案をいたします。

海運事業計画

フィリピンやインドネシアなどの島嶼国及び長い沿岸を有し陸上の輸送インフラが未整備な開発途上国においては内航海運が輸送インフラの中核を占める重要な産業となっており、内航海運の近代化は国家経済発展のための最重要課題の一つとなっています。日本海洋科学はこれら開発途上国の海運の近代化のため様々な支援を提供しています。

シップリサイクル計画

船舶のリサイクルは、インド・バングラデシュ・パキスタンおよびトルコを中心に実施されていますが、現代においては国際航海を行う船舶の安全で環境にやさしいリサイクルの実施は必須となっています。日本海洋科学では、シップリサイクル条約策定に係る支援、先進国型シップリサイクル構築、シップリサイクルヤード改善事業などに参画し、シップリサイクルの各種計画・調査のパイオニアとして様々なサービスを提供しています。

船員教育機材

先進国においては自国船員数が減少傾向にあり、コストの安い外国人船員の雇用が中心となっている一方、船舶事故の約8割がヒューマンエラーに起因しており、国際的な安全基準強化の動きを受け有資格の船員需要が高まっています。
日本海洋科学では開発途上国の船員教育機関に対して操船シミュレータを始めとする船員教育機材の設置や開発途上国の船員(トレーナー含む)のシミュレータ訓練などを提供しています。

専門家派遣

開発途上国で造船振興を図ろうとしている場合、造船先進国日本の優れた造船技術を基にした支援を希望している場合や造船設計技術・製造現場作業員の能力の向上を図りたい場合などに対し、日本海洋科学のネットワークを通じて海外で造船技術専門家として活動できる人材派遣調整を行います。
また、造船政策指導などではODAによる技術協力スキームにて、開発途上国からの正式要請により、長期・短期の専門家派遣も提供します。

船舶運航コンサルティング

船舶の荷役作業・新造船建造・修繕工事など、海事系の専門技術を要する場面で、お客様が求める専門技術を有する経験豊富な人材を派遣し、各種専門技術サービス事業を展開しています。
国内における荷役作業をコーディネートする荷役監督・バースマスター、新造船建造・修繕工事の工程管理・作業品質管理を行う建造・修繕監督、新造船の海上試運転における要員、石油備蓄基地における技術者など、様々な場面に対応ができます。 また人材提供に限らず、船舶の運航パフォーマンス分析を基にした船体汚損度計測及び水中船体掃除・検査・プロペラ研磨などをご提案するコンサルティング事業も展開しています。

船舶建造・保守コンサルティング

お客様が新造船を建造する際のあらゆる船種の基本設計・詳細設計照査(建造船仕様書や図面の精査)及び建造監督業務(造船所現場での安全・品質・工程の管理)など、造船に関する各種作業支援をあらゆる船種を対象に展開しています。

また、定期検査及び改造・修繕ドック・海難入渠などの工事の際には、船舶のハード面における品質維持・向上といった保船業務支援事業を船主・船舶管理会社を対象にした技術サービスや、港湾施設建造の解析など多岐にわたるコンサルティング及び売買船などに関わる検船のサービスを展開しています。

新造船契約前の船舶仕様確認から当該船舶の就航まで、就航後の様々な局面で、船舶管理及び保船業務の経験豊富なスタッフが専門知識を活かし、お客様が求める品質+αの船舶となるよう、修繕・修理業者などの工事施工業者の選定、実際の修繕工事現場に於ける船主・船舶管理会社並びに当該船舶の乗組員に対するサポート業務など、作業全体を対象に安全・品質・工程という視点で、単一的・総合的にきめ細かいサポートで管理します。

海事教育訓練

船舶を運航する若手航海士から船長、さらには水先人まで、国内は勿論、国外のお客様にもご要望に応じた海事教育訓練を展開しています。

日本海洋科学で開発した日本屈指のフルミッション型操船シミュレータによる臨場感溢れる訓練環境に加え、水先人や船長経験のある確かな技量を備えたインストラクターの指導により、高品質な訓練をご提供しています。実際の現場で役立つ技量を身に付けることが可能で、多くのお客様からご好評をいただいています。BTM/BRM 訓練やPEC講習などでは承認機関の証書を取得することも可能です。

また、お客様が実際に使用しているECDISを使った ECDIS 訓練(Generic訓練・Type Specific訓練)もご用意しており、認証機関の証書を取得可能です。

品質管理

自社管理船舶・傭船船舶などを対象に、対象の種類・規模は問わず、お客様のご要望に合わせた船舶の品質確認事業を展開しております。事前にお客様のご要望をお聞きした上で、経験豊富なスタッフが対象船舶に臨場し、船舶のコンディション・安全管理状況など、お客様がご要望する視点で品質確認を行います。

また、特定船舶またはフリート全体の品質向上に取り組みたいというお客様に対しては、品質基準をご提案し、継続的な品質確認並びに品質向上に向けたコンサルティング業務も行います。

また、お客様が導入を検討している、または導入している舶用機器製造会社の品質確認事業も展開しております。お客様のご要望に合わせ、経験豊富なスタッフが対象となる会社や製品工場に臨場し、機器製造現場の状態・安全管理状況など、品質確認を行います。長期的な品質向上に取り組みたいというお客様に対しては、継続的な品質確認並びに品質向上に向けたコンサルティング業務も行います。

船員サポート

外航船に乗り組む船員を対象に、当該船員が必要とする証書・書類の取得申請など、各種手配及び手続の支援・代行サービス事業を展開しています。

船員支援

船員の配乗補助業務(運輸局届出(雇入止届出等)、日本人船員の外国免状申請、外国人船員の日本資格申請などを支援・代行します。

船員エスコート

日本全国の港を対象に、外国人船員の乗下船を支援(船主/船舶代理店との連絡、航空券手配、入国管理局への申請、税関手続、移動・宿泊手配など)し、スムーズな配乗交代をご提供します。

船員派遣

お客様の要望にお応えする船員を船主または船舶管理会社へ派遣し、お客様の船舶運航の支援をします。

国際船員支援

外国人船員の適正な労働条件・環境整備をお手伝いします。

潜水事業

船舶の燃料費節減、海外諸港における船体汚損による入港禁止や制限を回避する観点から、船底清掃の重要性は高まりをみせています。日本海洋科学では独自開発した世界初の電動式の大型船底清掃機(アクアシェーバー)やその他の機材類を駆使した船底清掃・プロペラ研磨・各種水中検査・水中補修工事などの事業を展開しています。
また、海洋土木工事における水中作業に関する業務についても対応可能で、トップクラスの潜水技術でお客様のご要望にお応えいたします。

販売

船舶運航に関する業務を支援するためのツール販売並びにアフターサービスを展開しております。

シミュレータ

各種シミュレータの導入からアフターサービスまで、お客様のご要望やご予算に応じた最適なシミュレータの販売事業を展開しております。

日本海洋科学では、20年以上に渡るツール開発・販売経験を元とし、ユーザーである現役の船長及び航海士の経験を継続して加え開発することで、常に高品質な製品の提供を可能としており、お客様からもご好評をいただいております。また、国内にシステム開発・保守拠点を構えることで、導入いただいた後のご要望にも迅速に対応できる体制を整えており、こちらも高い評価をいただいております。

    (取り扱いシミュレータ)
  • 操船シミュレータ(*)
  • RADAR ARPAシミュレータ
  • ECDISシミュレータ
  • タグボートシミュレータ
  • DPSシミュレータ (自動船位保持装置 / DPS:Dynamic Positioning System)
  • エンジンシミュレータ

*操船シミュレータにおいては、舶用レーダ・ECDISなどの構成航海計器については操作性を重視し、お客様が実際にご使用になる機器を採用して構成するなど、ご要望に応じてご提案いたします

PPU (Portable Pilot Unit)

AIS信号を利用し自船及び他船の位置・速力など、操船に必要な情報をタブレットやパソコン上でリアルタイムに表示することにより、操船者が視覚的に周囲の状況を把握できる操船支援システムです。

操船データはすべて記録され、過去の操船状況を再生することにより、操船結果のレビューや標準操船方法の見直しなど、入出港実績を踏まえたより安全な入出港操船計画の立案も可能です。

日本海洋科学は、お客様の利用目的に応じて下記の製品をご提供することが可能です。

i.MASTER

ECDISと同等以上の機能を有しており、操船支援システムとしては世界で初めてDNV GLから認証を取得しています。外航及び内航船社のみならず日本全国の水先人の方々にもご利用いただいております。

また、船上のみならず陸上での利用を想定した「ライブモニタリング」ツールもご用意しております。

PSU(Pilot Support Unit)

AIS信号のみならず、桟橋側に設置された各種計測機器(着離桟速力、風向風速)からの信号をリアルタイムに受信することにより、本船の安全な着離桟に必要な情報(船体姿勢・着離桟速度・バースとの距離等)をタブレット上に統合表示することが可能です。

また、係留荷重監視装置と組み合わせることで、各係留索の荷重の状態や変化をリアルタイムでモニターすることもでき、今まで陸上側でしか確認できなかった係留索の張り合わせ作業時の張力バランスを本船上でモニターすることも可能です。

日本海洋科学が独自に開発したPSUは、お客様のご要望に応じ自由にカスタマイズすることが可能です。

接岸支援装置

船舶の安全な着桟作業を支援し、岸壁との接触事故の防止を目的とした可搬式接岸速度計の販売事業を展開しております。

一般的にこれまでの接岸速度計は高額な設置費用を伴う大型固定式が主流であり、同一岸壁にサイズの異なる複数の船舶が入出港する岸壁では、センサーの設置位置により利用可能な船型が制限されるため、導入そのものが見送られてきました。

日本海洋科学は、設置場所を選ばない小型の可搬式接岸速度計を開発し、これまで接岸速度計の導入に踏み切れなかったお客様のご要望に応えることが出来るようになりました。レーザーを利用し岸壁に接近する大型船舶の速度を正確に測定し、船首尾それぞれの着桟速度を岸壁上に設置する3色LED表示灯に3段階で表示します。また、タブレット端末やスマートフォンを接続することにより、本船上はもちろん陸上側でも正確な着桟速度及び岸壁との距離をリアルタイムでモニターすることができます。

海図販売

船舶の安全な航海に欠かせない海図及び水路誌をはじめとする書籍の販売事業を展開しております。航海関係の書籍ばかりではなく、IMO・ISGOTT・SIGTTO・ICSなどの国際機関・US-CFR・各旗国の書籍を取り扱っております。

    (取り扱いサービス)
  • SeaPassage
  • SeaOps
  • PAYS
  • Smart Fee
  • Digitrace

その他製品

船上の作業を支援するツールとして、以下のツールの販売事業を展開しております。

    Mann Tek社製カップリング
  • 取り扱う流体貨物が危険物・高圧・低温の場合に、現場担当者の安全確保、作業の労力・時間の削減に効果を発揮する最新式のカップリング、コンポジットホース(フレキシブルホース)、ESDS(Emergency Shut Down System)、Ship to Ship向け2船間距離検知システムやホースサドルなどの販売事業を展開しております。使用される環境やご希望の安全性により、適切なご提案(移送システム全体も対応可能)いたします。
  • 積付計算機
  • 国際航海に従事する船舶に搭載が義務付けられている積付計算機の販売事業を展開しております。各種船種・船型に対応可能であり、また船級承認の取得が可能な積付計算機となっております。尚、船級への書類代行・船上試験にも対応しております。
  • WISE Routing Routing
  • ソフトウエアをご使用のパソコンにインストールすることにより、INMARSATデータ通信を利用して、いつでもご希望の海域の最新の気象・海象情報を取得し、それを用いて最適航路が計算できるシステムの販売展開をしております。

物品販売

日本郵船株式会社が1930年から運航し北太平洋の女王と呼ばれた客船「氷川丸」で多くの人々を魅了した伝統のレシピに基づき、レトルトカレーとして甦った「ドライカリー」を一般のお客様を対象に販売展開しております。

また、船員を対象にとした制服・制帽・肩章・作業服も販売展開しております。

事業についてのお問い合わせ

業務に関する内容等、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問い合わせ