専門家派遣

 

 

ODA等による造船専門家派遣
日本海洋科学では、開発途上国において、1)造船振興を図ろうとしている場合や、2)独自に船舶の建造事業を進めたいが設計・調達・工程・品質管理等が不足しており、造船先進国である我が国から優れた造船技術の支援を受けたいと希望している場合、また、3)造船設計技術の向上を図りたい、製造現場作業員の溶接能力等の向上を図りたいなどの個別の要望がある場合等の要望に応じて、日本海洋科学の造船分野のネットワークを通じて海外で造船技術専門家として活動できる人材派遣調整を行います。
また、造船政策指導などではODAによる技術協力スキームにて、開発途上国からの正式要請により、長期・短期の専門家派遣も行っております。
日本海洋科学ではこれまでに、インドネシア工業省向けに長期の造船政策アドバイザー、また内航海運近代化のためのスキーム検討のため短期の専門家派遣をおこなっており、海外の造船技術振興などに貢献しています。

サービスについてのお問い合わせ

問い合わせ先:国際業務グループ
044-548-9140

お問い合わせ