造船事業計画の支援

 

 

船舶の建造をお考えのお客様のニーズを伺い、船舶更新、新規建造にかかわらず、お客様に代わり各種船舶の基本計画、基本設計、性能検討、一般配置図作成、船価積算、建造スケジュール作成、造船所選定支援、建造監督業務等一貫したサービスを提供いたします。特に我が国の政府開発援助(ODA)による開発途上国に対する船舶調達事業や国内の自治体、公的機関の作業船などの船舶建造計画においては多数の実績を有し、その専門性とサービスは高い評価をいただいております。
新造船建造コンサルティング
船舶の建造をお考えのお客様のニーズを伺い、船舶更新、新規建造にかかわらず、お客様に代わり各種船舶の基本計画、基本設計、性能検討、一般配置図作成、船価積算、建造スケジュール作成、造船所選定支援、建造監督業務等一貫したサービスを提供いたします。特に我が国の政府開発援助(ODA)による開発途上国に対する船舶調達事業や国内の自治体、公的機関の作業船などの船舶建造計画においては多数の実績を有し、その専門性とサービスは高い評価をいただいております。
ODAによる途上国の造船事業計画
我が国の政府開発援助(Official Development Assistance:ODA)は独立行政法人国際協力機構(Japan International Cooperation Agency: JICA)により大きく有償資金協力、無償資金協力、技術協力の3つに分かれます。開発途上国では、離島航路での住民の脚となり生活物資を運ぶ船舶、航行安全を確保するための各種作業船、港湾・航路浚渫船、海上安全のための巡視艇、また内陸水運、河川航行のフェリーや貨物船など様々なニーズがあります。しかし、開発途上国ではニーズに合致した最適な船舶を計画する能力や建造する資金及び設備が不足しています。このため開発途上国が必要とする各種船舶のニーズを専門コンサルタントとして有償資金協力、無償資金協力等の事業具現化のための支援をします。我が国のODA事業として実施された場合に、JICAが実施する情報収集調査、準備調査などのフィージビリティスタディー(F/S)、詳細設計調査等を実施し、船舶建造時には開発途上国の政府、実施機関のコンサルタントとして造船所選定の支援、建造監督業務等JICAの手続きに沿って実施します。 わが社のこれまでのODAによる船舶建造案件の調査、建造監督実績は、フィリピン、インドネシア、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア等東南アジア諸国から、ジブチ、イエメン、イラク等中東諸国、モロッコ等アフリカまで広く実績を有しています。

フィリピン沿岸警備隊(PCG)向け44m多目的船

モロッコ国海洋・漁業調査船の一般配置図

国内の自治体・公的機関等の船舶建造計画
国内の自治体や公的機関が所有運航する船舶として、港湾作業船、漁業取締船、監視船、油回収船、消防船や離島航路の旅客船などがあります。わが社では造船計画、艤装計画など船舶の設計技術者を有し、これらの船舶の更新または新規建造計画がある場合に、お客様との協議により要望を把握し、規則要求や要望に沿った最適な船舶の仕様検討、仕様書作成を行います。また、事業費積算、建造スケジュール検討においては積算の精査を行い、適正な事業費、建造時期の設定を行います。 また、近年では国内船においても「2006年の海上の労働に関する条約」(MLC条約)や、「SOx排出規制強化」、「船舶の再資源化解体の適正な実施」など、様々な要求に対応しなければならず、新造船のみならず、改造における各種検討も行います。
民間企業の船舶建造計画
日本海洋科学では我が国政府のODA事業、国内の自治体、公的機関等の船舶建造計画のほか、民間企業の船舶建造計画のお手伝いも行っています。新たな旅客船事業の開始、フェリーボートや特殊船まで建造計画のお手伝いをいたします。アイデアの段階でも、より具体的な船舶のイメージが得られるようご提案をいたします。 これまで水陸両用車の計画、外観デザイン、建造監督なども実施しており新たな事業展開の支援をいたします。

日の丸自動車興業殿 水陸両用車

サービスについてのお問い合わせ

問い合わせ先:国際業務グループ
044-548-9140

お問い合わせ