振動台

大型三次元振動台は、東日本大震災や兵庫県南部地震などの地震動、輸送中の貨物が遭遇する振動・衝撃・動揺を忠実に再現

 

振動台
大型三次元振動台は、実輸送振動波形による貨物の最適な積付/梱包方法の検証に利用できるだけでなく、東日本大震災、兵庫県南部地震クラスの実際の地震波も100%再現できます。1995年の運用以降、貨物輸送再現試験だけでなく、精密機器や家具類などの耐震試験にも広く利用されています。
平成23年(2011年)1月1日以降に製造、修理または改造される液状の危険物を収納するIBC容器に適用される試験基準に新たに加わったこの規格を満たすIBC容器の振動試験も実施できます。この振動試験は、平成22年8月末に、財団法人 日本舶用品検定協会からもご確認いただいております。

耐震試験

阪神・淡路大震災クラスの地震波を再現、もしくは規格波に加震し、耐震が要求される製品に必要なデータを提供 VIEW MORE

輸送機器振動試験

輸送機器が走行中に遭遇する振動/動揺を再現し、本体や付属装置の強度を検討、ダメージ原因を究明 VIEW MORE

貨物輸送振動試験

輸送中に貨物が遭遇する振動/動揺を再現し、輸送貨物の最適な積付方法の検討、ダメージ原因を究明 VIEW MORE

製品についてのお問い合わせ

問い合わせ先:振動試験グループ
045-772-1324

お問い合わせ