潜水事業

 

 

潜水事業
一般的には船舶の水面下の外板、及びプロペラ等の状況は乾ドックへ入渠しないと正確な判断が出来ないと考えられていますが、日本海洋科学では船舶向け潜水作業に数多な経験を豊富に持つ潜水士を揃え、トップクラスの潜水技術によって船舶の船底検査、清掃、プロペラ研磨等をはじめ、様々なサービスを提供しております。
 
燃費節減の必要性から汚損の低減は船舶運航管理者殿の最重要課題となっており、船主/船舶管理会社殿が船舶の主機関負荷軽減及び消費燃料の削減の為に、適宜水中船底清掃を実施することにより船舶の運航効率向上に大きく貢献しています。
水中船体検査
船舶水面下の船体外板点検、汚損調査、損傷検査、船級検査、年次検査、売買船検査、第一種中間検査(In-lieu検査)、ドック前検査、膜厚計測、船底塗料(A/F)の表面粗度計測、写真撮影、動画撮影。
*船級認証所有 NK、DNV-GL、ABS、LR、BV
水中船体清掃
船舶水面下の船体外板清掃(両舷側面、底面、スラスター、シーチェスト、ラダー、ビルジキール等)
(現在、世界初の自社にて独自開発した電気駆動式大型船底クリーニングマシーン(Aqua Shaver)を3基、
その他水中船体清掃の際に使用する自社開発清掃機材類も保有し、また、次世代Aqua Shaverも開発中です。)
プロペラ研磨
船舶水面下のプロペラ研磨、清掃
水中船体補修(サポート)工事
船舶水面下の簡易船体修理(溶接、切断等)、ドップラーソナー交換作業、各種止水作業、プロペラのトリミング、防食アノード取り付け、プロペラやスターンチューブ、あるいはスラスターに巻きこんだ漁網やロープ類の除去作業、遺失物捜索及び引き揚げ、等々
海洋土木建築工事
海洋土木工事全般

サービスについてのお問い合わせ

問い合わせ先:潜水グループ
044-548-9144

お問い合わせ