海事コンサルティング

 

 

海事コンサルティング
国内外の海事全般に係わる調査・安全評価・コンサルティングサービスを、民間の海運会社から独立行政法人・地方公共団体・国家機関まで国内外問わずに展開しています。
日本海洋科学の知識と技術、日本屈指のフルミッション型操船シミュレータなど最新のシステムを駆使して、お客様のニーズにお応えいたします。

計測・測量等

港湾計画・海上プロジェクトに係わる企画や各種シミュレーションの基礎となる船舶航行実態調査、係留索配置や係留索・防舷材の仕様検討などの係留動揺シミュレーションの基礎となる船体動揺計測・船舶の水域利用状況に関する調査などを行います。
 
 
 
 
 
 
VIEW MORE

港湾関係

港湾の将来計画・再編成計画において競争力のある港湾として必要な課題を洗い出すと共に港湾施設の将来計画及び再編成計画について、ターミナル計画において効率的なターミナルの配置計画や港湾施設要件・係留施設要件をご提案します。
また、既存港湾施設における大型船の受け入れ可否・必要な安全対策、将来的に必要とされる岸壁施設・水域規模について検討し必要な改修計画をご提案します。
 
VIEW MORE

船舶関係

内航船における運航の安全性調査・経営改善調査・船員労働調査・環境規制対応など様々な課題に対する支援、危険物桟橋の船型大型化・新規船型の受け入れに係わる入出港操船や係留の安全性や2船間係留方式(Ship to Ship方式)における荷役・係留の安全性に関する運用基準やガイドラインの策定、環境適合燃料に対応した船舶における建造計画段階からリスク評価を含む安全性の評価・実際の運用手順の策定など、船舶に関する様々な課題に対してご支援します。 VIEW MORE

航行安全・防災対策

港湾施設の整備・改良検討、操船や係留方法の変更検討、津波来襲時における係留の安全性(係留可否判断・係留強化対策など)・退避判断・行動基準等を示したガイドライン策定など、安全面に係わる検討に関し必要な運用基準や安全対策の策定についてご支援します。また、海上における建設工事など、港湾インフラ整備における将来交通環境への影響評価を行い必要な安全対策についてご提案します。
VIEW MORE

解析・シミュレーション

現状の交通環境における問題点の把握、将来的な交通環境における船舶交通への影響などについての評価(海上交通流シミュレーション)、船体動揺量のほか係留索に作用する張力や防舷材の圧縮率などについての評価(係留動揺シミュレーション)、コンテナターミナルなどの最適な運用方法(配船計画・配船方法含む)などの検討(ロジスティクス・シミュレーション)を行います。
 
VIEW MORE

海事産業政策・戦略

IMO(国際海事機関)等の国際ルールに関連する調査や国内での離島航路改善計画の策定など、主に官公庁や地方自治体等における海事分野の政策・戦略決定において、海事コンサルタントとしての長年の知見と経験を活かしご支援いたします。
 
 
 
 
VIEW MORE

海外調査

海外でのプロジェクト予定地における現地港湾事情などの基礎調査・分析を行い、プロジェクト遂行に対する課題などを特定し解決策についてご提案します。
海外港湾調査結果・分析から、オペレーションの安全性・効率性、経済性など、複合的な視点からプロジェクトの実現性(フィージビリティ)について評価します。
VIEW MORE
   
  

サービスについてのお問い合わせ

問い合わせ先:コンサルタントグループ
044-548-9131

お問い合わせ