接岸支援装置

日本海洋科学が開発した可搬式接岸速度計は、レーザー測距により接岸局面における大型船舶の接岸速度を正確に測定し操船者に表示するシステムです。本システムは、各装置が小型で可搬可能となっており、設置・撤去が容易で、コンテナバースを始めとした様々なバースでご利用いただいております。データ表示も判り易く、水先人・バース管理者など、お客様より非常に高い評価をいただいております。

 

当社の可搬型接岸速度計は、2基のレーザー測距器を用いて、岸壁から約300mの地点より、岸壁と船体の角度が20度以内の状態にて、接岸する船舶の距離・速度を計測可能です。
接岸速度は ±1cm/sec で計測し、2基のセンサーにより岸壁と本船の角度も計測します。そして、小型ながら1,000mから視認可能な3色(青・黄・赤)の高輝度LEDを岸壁上(船首・船尾の2セットを設置)に設置し、速度区分に応じた表示をすることで、本船上の操船者に接岸速度を伝達いたします(例 「青: 5cm/sec以下、黄: 6~10cm/sec、赤: 11cm/sec以上」)。
また、岸壁でのLED表示に加えて、本船上にて日本海洋科学管理のWeb siteへアクセスしていただくことなどにより、速度・距離・角度を数値にて把握することも可能です(通信機等はオプション、別途ご相談)。

可搬型速度計は、設備としての販売対応に加えて、頻度の少ない大型船入港時対応などは「計測サービス」として日本海洋科学の要員が速度計を対象岸壁に持参し、機器のセット・計測・出力を行うサービスも実施しております。

可搬型接岸速度計の特徴

  • 全機器はバッテリー駆動、無線通信ですので電源や配線などが不要
  • 入港時に都度設置するので、設置場所の制約や荷役開始前に撤収可能
  • 船型によりセンサー設置位置が異なるなど様々なバースにフレキシブルに対応可能
  • 本船表示タイプ(Web表示)は、Webへアクセスすることにより本船上で横移動速度・距離・角度を把握することもが可能です
  • LED3色表示により、接岸速度の区分表示が可能
  • 本船表示タイプは、本船上で横移動速度・距離・角度を把握することも可能

*本システムはバースからの計測を基本としますが、カスタマイズにより本船からの計測も可能になります。

   
  

製品についてのお問い合わせ

問い合わせ先:海事事業グループ
044-548-9141

お問い合わせ