海外造船海運コンサルティング

 

 

海外造船海運コンサルティング
開発途上国を主として国内外で船舶の建造・造船施設の建設・海運事業などを計画されている方を対象に、「ゆりかごから墓場まで」をコンセプトに、事業実施のための計画・入札支援も含め、造船所建設・船舶建造・船員養成(施設建造含む)・船舶運航・船舶のリサイクルなど、一連のフェーズにおいて必要とされる海運・造船分野の事業支援を提供しています。

造船事業計画の支援

船舶更新・新規建造にかかわらず、お客様に代わり各種船舶の基本計画、基本設計、性能検討、一般配置図作成、船価積算、建造スケジュール作成、造船所選定支援、建造監督業務等一貫したサービスを提供いたします。特に我が国の政府開発援助(ODA)による開発途上国に対する船舶調達事業や国内の自治体、公的機関の作業船などの船舶建造計画においては多数の実績を有し、その専門性とサービスは高い評価をいただいております。 VIEW MORE

造船施設設計の支援

日本海洋科学では船舶の安全な建造や修理を行うために必要不可欠な造船所・船舶修理施設の事業計画立案の支援、造修施設計画作成支援を提供いたします。事業計画の立案では新造船計画、修繕船の予測などと共に設備費用と売上げ等の長期キャッシュフローから事業の採算性も検討します。
また、シミュレータによる施設までの航路検討、安全な接岸のための計算も実施しており、お客様の要望に沿った提案をいたします。
VIEW MORE

海運事業計画

フィリピンやインドネシアなどの島嶼国及び長い沿岸を有し陸上の輸送インフラが未整備な開発途上国においては内航海運が輸送インフラの中核を占める重要な産業となっており、内航海運の近代化は国家経済発展のための最重要課題の一つとなっています。
日本海洋科学はこれら開発途上国の海運の近代化のため様々な支援を提供しています。
 
 
VIEW MORE

シップリサイクル計画

船舶のリサイクルは、インド・バングラデシュ・パキスタンおよびトルコを中心に実施されていますが、現代においては国際航海を行う船舶の安全で環境にやさしいリサイクルの実施は必須となっています。日本海洋科学では、シップリサイクル条約策定に係る支援、先進国型シップリサイクル構築、シップリサイクルヤード改善事業などに参画し、シップリサイクルの各種計画・調査のパイオニアとして様々なサービスを提供しています。 VIEW MORE

船員教育機材

先進国においては自国船員数が減少傾向にあり、コストの安い外国人船員の雇用が中心となっている一方、船舶事故の約8割がヒューマンエラーに起因しており、国際的な安全基準強化の動きを受け有資格の船員需要が高まっています。日本海洋科学では開発途上国の船員教育機関に対して操船シミュレータを始めとする船員教育機材の設置や開発途上国の船員(トレーナー含む)のシミュレータ訓練などを提供しています。 VIEW MORE

専門家派遣

開発途上国で造船振興を図ろうとしている場合、造船先進国日本の優れた造船技術を基にした支援を希望している場合や造船設計技術・製造現場作業員の能力の向上を図りたい場合などに対し、日本海洋科学のネットワークを通じて海外で造船技術専門家として活動できる人材派遣調整を行います。また、造船政策指導などではODAによる技術協力スキームにて、開発途上国からの正式要請により、長期・短期の専門家派遣も提供します。 VIEW MORE
   
  

サービスについてのお問い合わせ

問い合わせ先:国際業務グループ
044-548-9140

お問い合わせ