計測・測量等

 

 

現場の状況を正確に把握することはコンサルティングの基本となります。JMSでは豊富な実務経験と高度な技術力を生かし、
船舶交通、操船状況、船体動揺などに関する各種調査を実施いたします。
また、取得したデータは、操船シミュレータや各種シミュレーションの基礎データとなります。
航行船舶実態調査
レーダとAIS、コンピューターなどを組み合わせた機器類により、水路や港域を航行する船舶交通を詳細に調査します。調査データは海上の輻輳状況の把握に有効なため、港湾計画や海上プロジェクトの企画に利用されると共に、各種シミュレーションの基礎資料となります。
日本海洋科学の航行船舶実態調査は過去30年間に、関西新空港、本四3橋、中部空港、羽田空港、神戸空港など我が国を代表する大プロジェクト全てに採用され、その回数は250回を越えました。

東京湾航行船舶実態調査の例:航跡図

出力項目

  • 航跡図(観測日別、船種・船型別、OD別など)、航跡密度図、航跡分布図、航行速力など
  • 通行船舶隻数表、時間帯別隻数表、ライン別隻数表、方向別隻数表など
  • 操船状況図、錨泊船位置図、操業漁船位置図、プレジャーボート
   
  
船体動揺計測
外洋に面した港では、見た目には波のない状況においても船体が動揺し、荷役障害等が発生することがあります。この現象は、長周期波(波周期が30~300秒程度)が原因の一つとして考えられます。
日本海洋科学では、高精度のGPSセンサーを船体に取付け、船体の動揺6モード(Sway、Surge、Heave、Roll、Pitch、Yaw)を計測し、船体の動揺量を計測することが出来ます。また、船体動揺計測を行うとともに、着桟位置において波浪観測も同時に行うことが可能で、船体が動揺する原因を探ります。
本調査で得られた知見を基に、係留船舶動揺シミュレーションを行うことも可能で、シミュレーションを実施することにより、係留索配置の検討、係留索仕様の検討、防舷材の仕様検討などが可能となります。

船体動揺6モード イメージ図

船体動揺計測 時系列Surge、Sway動揺量

  
AIS解析
AIS(自動船舶識別装置、Automatic Identification System )データを入手することにより港湾の輻輳状況の把握、船舶の着離桟操船状況図の作成などが可能です。
AISデータは、国内はもとより海外の主要な港のAISデータの入手が可能です。(AISデータは委託会社より入手します)
また、日本海洋科学にてAIS機器を設置し、AISデータを記録・保存することも可能です。

AIS調査の例:操船状況図

  

サービスについてのお問い合わせ

問い合わせ先:コンサルタントグループ
044-548-9131

お問い合わせ