物品販売

 

 

ドライカレー・スープ
大正末期より、氷川丸をはじめ、当時の豪華客船は「海に浮かぶ最高のホテル」と称されていました。欧米人の乗船客を獲得する為、何にも増して料理に力を注ぎ、司厨長は本場で研修を積み、司厨部員は養成所で数百種類のレシピを修得しなければなりませんでした。(第二次世界大戦後、司厨長・員は、数多くの有名ホテルの料理長・員として活躍しました。)
日本の洋食文化の礎を築いたと言われる豪華客船で幻の西洋料理と呼ばれ、日本郵船の(日本人)調理人が発明したと語り継がれているドライカリーは、現代に至っても胸を張ってお客様へお薦めできるメニューです。
そのドライカリーがレトルトパックとして蘇りました。
他にも、”氷川丸”というブランドで、ドライカリーの付け合わせに欠かせない香り、甘味、及び食感豊かなフライドオニオン等、各種お取り扱いしております。多くの人々を魅了した伝統ある料理です。遙か海路と時代を超えて、洋上で磨かれた美味しさをご家庭でお気軽にお楽しみください。
 

氷川丸のドライカリーシリーズが横浜市長賞を受賞
ヨコハマ・グッズ「横濱001」は、1989年の市政100周年、開港130周年を記念して発足以来、2年に一度行われる認定審査会において、厳選に審査・認定され、横濱ブランドとして成長してまいりました。
2013年4月2日、その第15期認定商品として表彰され、189アイテムの中から郵船ナブテックの「氷川丸ドライカリーシリーズ」は栄誉ある市長賞に選ばれました。
氷川丸ドライカリーシリーズは、1930年の就航以来、「北太平洋の女王」と呼ばれた「氷川丸」で多くの人々を魅了した伝統のレシピに基づき、レトルトカレーとして甦ったドライカリーマイルド・辛口、ビーフカリー、ハッシュドビーフシチュー、ドライカリーに欠かせないフライドオニオンを販売して4年を経過しました。お得なギフトセットは多くのお客様に喜ばれており、ご贈答等でもご注文を頂いております。
又、ご存知の横浜にある有名な観光地の山下公園横に係留している重要文化財 日本郵船 氷川丸をデザインしたパッケージと手提げ袋は多くの方々に大変好評です。

船員 制服・制帽・肩章・作業服
船主、船舶管理会社より船員が着用する制服・制帽・肩章・作業服をお客様のご要望に合わせて通信販売しています。
制服、制帽等は実際に採寸し、熟練のテーラーが真心を込めて端正に仕上げます。

製品についてのお問い合わせ

お問い合わせは経営グループまでお願いします。
044-548-9130

お問い合わせ