その他製品

 

 

Mann Tek社製カップリング
国内では従来より活発に液体の小口輸送が行われていますが、接続はフランジをボルトで締めることが主流となっています。
 
国外では欧州を中心に、フランジのボルト締めから接続口を合わせた後、ハンドルを回すだけで接続・切り離しが可能なQCDC(Quick Connect/Disconnect Couplings)の採用が進んでいます。特に流体が危険物・高圧・低温の場合には、現場担当者の安全を確保する観点からも有効で、作業の労力・時間の削減にも寄与します。
また、更なる安全対策としてブレークアウェイカップリング(Break-away Couplings)も採用されるケースが多くなってきています。これは、供給側・被供給側間の距離が不用意に広がってしまった場合に、配管やホースなどの設備を損傷させることなく瞬時に双方を安全に切り離すもので、流体の大量流出を防ぎます。
 
日本海洋科学では、世界でも大きなマーケットシェアを持つスウェーデンのMann Tek社のQCDC及びブレークアウェイカップリングを取り扱っており、QCDCは常温液体用DDC(Dry Disconnect Couplings)と低温液体用のDCC(Dry Cryogenic Couplings)を取り扱っております。同様に、ブレークアウェイカップリングも常温液体用のSBC(Safe Break-away Couplings)と低温液体用のCBC(Cryogenic Break-away Couplings)を取り扱っております。緊急離脱システムの作動方式には、接続ボルト破断方式・ケーブル引っ張り方式・高圧窒素ガス充填方式の3つのラインナップがあり、お客様のご要望に応じた適切な方式を提案可能です。
 
また、2020年からのSOx規制の対策として、舶用燃料を重油から液化天然ガス(LNG)や液化石油ガス(LPG)、さらにはメタノールなどの転換が有力視されており、当該燃料のバンカリング(燃料供給)において、Mann Tek社の製品が使用される事例が急増しています。
 
さらに、Ship to Ship(例えば大型LNG船からFSRUへのLNG荷役など)において、Mann Tek社製品の採用が広がっています。
 
カップリングとともにコンポジットホース(フレキシブルホース)・ESDS(Emergency Shut Down System)・Ship to Ship向け2船間距離検知システムやホースサドルなどの設備を組み合わせた移送システム全体を提供することも可能です。
積付計算機
国際航海に従事する船舶に搭載が義務付けられている積付計算機(*)(Loading Computer)のご提供が可能です。各種船種・船型に対応した積付計算機の作成が可能で、ご要望いただいた対象船舶ごとに作成いたします。
直感的に操作ができように設計されており、複雑な操作は必要ありません(タンクデータのオンライン入力・表示にも対応可能)。
また、本製品は船級承認の承認が可能で、船級への書類代行・船上試験にも対応します。

*積付計算機とは、本船の安定性・船体強度などを評価するソフトウェアで、各種データ(貨物・バラスト・燃料など)を入力する毎に計算が行われ、計算結果が表示される。

機能

  • 排水量・トリム/ヒール・喫水・GoM計算
  • 縦強度計算
  • 許容復原性曲線計算
  • Stability計算
  • エアードラフト計算
  • 計算書の印刷
  • 警告機能(トリムや縦強度などに問題が生じた場合、画面上に警告を発します)
  • 入力データの保存、呼び出しなど

対応可能な船種

  • 各種タンカー
  • 貨物船
  • 自動専用船
  • その他

対応可能な船級

  • NK
  • DNV DL
  • Lloyd’s Register of Shipping
 

タンカー用 積付計算機

ドライバルク用 積付計算機

自動車専用船用 積付計算機

   
  
WISE Routing

ウェザールーティングソフト WISEルーティング

WISE Routing は、ソフトウエア(以下WISEソフト)をご使用のPCにインストールすることにより、INMARSATデータ通信を利用して、いつでもご希望の海域の最新の気象・海象情報を取得し、それを用いて最適航路が計算できるシステムです。

希望する海域と、風や波、海流等の予報データの種類を選択し、WISEソフトで作成される要求ファイルをEメールで陸上サーバーへ送信することにより、気象・海象情報を取得します。

陸上サーバーから送られるデータファイルをWISEソフトに読み込むことにより、様々な気象・海象情報をわかりやすく表示することができます。
WISEソフトには「船上シミュレーション」機能が組み込まれており、本船の船体データベースと取得した気象・海象予報を用いて、目的地までの最適航路(最少燃料航路または最短時間航路)を計算することができます。

さらに、船長航路(船長が任意に設定した航路)の航海時間や燃料消費量を計算し、最適航路の値と比較することができます。 (画像をクリックすると拡大表示できます。)

WISEルーティングの特徴

1. 気象・海象予報

最新の気象・海象予報が、複数の予報機関から提供されます。

  • 風/海面気圧、波、500hPa等圧面高度、気温 : 8日先までの予報(12時間間隔、6時間ごとに更新)
  • 海流、海面水温、海氷 : 実況値(毎日更新)
  • 自動専用船
  • 台風・ハリケーン・サイクロン : 進路/暴風圏の予報(6時間毎に更新)

2. 船体データベース

WISEソフトには、波浪中における船速、船体運動、およびエンジン出力を計算するため、船別のデータベースが組み込まれています。

3. 迅速な情報提供

船から気象・海象要求が送信されると、最新の気象・海象情報のデータファイルがおよそ10分後に、Eメールにより提供されます。

4. 豊富な表示機能

気象・海象情報をわかりやすく表示し、あらゆる気象・海象データを重ね合わせて表示することが可能です。

5. 船上シミュレーション

以下の2種類のモードで最適航路(最少燃料航路または最短時間航路)を計算し、船長航路(船長が設定した航路)と比較することができます。

5.1 固定ピッチプロペラ船の場合

  • TA指定モード: 目的地への到着日時を指定することにより、プロペラ回転数と燃料消費量を計算します。
    (最少燃料航路はETA指定モード)
  • RPM指定モード: プロペラ回転数を指定することにより、航海時間と燃料消費量を計算します。
    (最短時間航路はRPM指定モード)

5.2 可変ピッチプロペラ船の場合

  • ETA指定モード: 目的地への到着日時を指定することにより、プロペラピッチ角と燃料消費量を計算します。
    (最少燃料航路はETA指定モード)
  • PPA指定モード: プロペラピッチ角を指定することにより、 航海時間と燃料消費量を計算します。
    (最短時間航路はPPA指定モード)

シミュレーション結果は以下のような情報と併せて表示することができます。

  • 海上風及び海面気圧予報
  • 波浪予報
  • 自動専用船
  • 航路上の通過点における気象・海象の情報 および 航路の詳細情報
  • 航路上の海上風予報
  • 航路上の波浪予報
  • 航路上の海流情
  • 航路の概略表・比較表
 

WISEトラッキング

シミュレーションイメージ

   
  

製品についてのお問い合わせ

問い合わせ先:コンサルタントグループ
044-548-9131

お問い合わせ