PPU (Portable Pilot Unit)

 

 

i.MASTER
i.MASTERは、安全な操船を支援するPPU (Portable Pilot Unit)で、ECDISと同等以上の機能をタブレットで使用できるシステムです。タッチ操作が可能なユーザインタフェースを採用しており、公式電子海図のほか海底地形図などの上で本船・他船のAIS情報を電子海図上に表示可能です。
i.MASTER は、PPUとして世界で初めてDNV GLから認証を取得し、プロユーザのための操船支援ツールとして品質を認められました。

i.Master

安全な操船を支援するPPU (Portable Pilot Unit)

主な特徴

  • 公式電子海図のほか海底地形図なども表示可能
  • タッチ操作によるユーザインタフェース
  • 本船・他船のAIS情報を電子海図上に表示
  • 予測航跡表示
  • 離着岸時には岸壁・他船との距離を自動計測
  • 着岸速力表示
  • 操船結果を自動記録、リプレイが可能
  • 安全水深・余裕高さなどの各種アラーム機能
  • 容易な海図更新・パッセージプラン作成
  • 任意のユーザ情報を海図に重畳表示
 

パッセージプラン作成画面

狭水路航行航行画面(分割表示)

離着桟画面(距離表示)

   
  
PSU (Pilot Support Unit)
日本海洋科学が開発したPSU(Pilot Support Unit)は、タブレット上などの画面上に本船情報を表示させ、特に入出港着離桟における操船を支援する、本船上で操船者が利用するシステムです。

PSUは、船橋ウイングにおいて、船位のみならずバース計測の着桟速度・距離・風向風速をリアルタイムに統合表示し、操船者に有益な支援情報を提供することが可能です。さらに、過去に使用した全データを記録・再生することで、操船結果のレビューや標準操船方法の見直しなど、入出港実績を踏まえたより安全な入出港操船計画立案が可能です。

バース側のデータを利用するため、主にLNG船など大型危険物バースのバース管理者が導入し、入出港操船を担当する水先人が利用しております。
システムの詳細仕様の決定においては、基本仕様に加え、当該港・対象バースへの操船の特徴を考慮し、運航実務に精通した技術者がが水先人等のご要望を踏まえてデータ表示をカスタマイズし、最適な仕様をご提案いたします。

操船支援システム
(本船用)

AIS PLUG
(無線通信対応)

外力情報/接岸速度データ中継機
(無線通信対応)

システム構成(例)

システム構成図

   
  

製品についてのお問い合わせ

問い合わせ先:海事事業グループ
044-548-9141

お問い合わせ